便秘改善のために

便秘改善のためには、まず食生活を見直すことが大切です。一番大切なことは食物繊維をしっかり摂ること。つまり野菜不足を改善することがとても重要なのです。日本人の食生活は欧米型に代わり、野菜不足が深刻になっています。そのためしっかり見直すことが大切なのです。

そして腸内環境を整えるためには食物繊維だけでなく、善玉菌を強めることが重要となります。そのためにビフィズス菌や乳酸菌などを、腸にプラスすることも重要です。もともと腸内には善玉菌としてこれらの細菌がたくさん住んでいます。しかし便秘によって悪玉菌が優位となり、ますます便秘は悪化するばかり。だからこそ善玉菌を食事からや、サプリなどを利用してプラスすることがおすすめなのです。

そしてもう一つ、これらの善玉菌が腸内でしっかり悪玉菌と戦えるように、エネルギーとなるオリゴ糖も重要です。もちろん腸内に住んでいる善玉菌のパワーアップのためにもオリゴ糖はおすすめ。食べ物からオリゴ糖を摂取する場合は、蜂蜜やタマネギなどに多く含まれています。とはいってもその量は思ったより多くなく、できればしっかりとオリゴ糖を摂るためには粉末状のタイプのオリゴ糖を摂取したいものです。オリゴ糖の質はピンキリあり、質の悪いものもたくさん出回っています。特に液体タイプのオリゴ糖は水飴が多く含まれており、カロリーばかりが多いものとなっていることも。そのため質の良い粉末状のオリゴ糖を選ぶようにしましょう。

便秘の症状について

便秘の症状について考えてみましょう。まず便秘をすると一番に感じるのが腹部の膨満ではないでしょうか。お腹が張りや、お腹がぱんぱんになるときも。また残ってしまった便からガスが発生しやすくなり、中に溜まっている便だけでなく、ガスによる膨満も起こります。また出口を失ったガスは胃の方に溜まっていくこともあり、胃痛が起こることも。ガスが溜まっているのに腸が狭くなってしまって、出ないということも起こります。

他にも強い腹痛が起こることも。便やガスの出口が便でふさがれると腹痛や胃痛が起こります。特に腸のたるみの多いS状結腸に痛みが起こりやすいとのこと。ちなみにS状結腸は左下腹部にあります。他にも腸全体の動きが低下するため食欲が落ちたり、ひどいときには吐き気が起こることも。食が細くなると、ますます腸の蠕動運動が弱くなり便秘がひどくなることもあります。

精神的にもいろいろなトラブルが起こることもあり、例えばイライラや不眠の原因となることも。また頭痛や肩こり、めまいなど腸内に溜まった毒素が自律神経の乱れの原因となることもあります。他に固くなった便が腸内で大きくなると、腰痛を呼び起こすことにも。便がたまり運動ができなくなると血行不良が起こり、それによって腰痛が起こることもあります。毎日の食生活を見直し野菜を増やすようにしましょう。そして乳酸菌を摂取するため、乳酸菌の多く含まれたヨーグルトや発酵食品を摂取し、乳酸菌のパワーアップのためにオリゴ糖の摂取なども是非プラスしたいものです。

いろいろな便秘

便秘の悩みは意外と多くの人が抱いているようですが、特に女性に多いと言われています。また同じ便秘によってもさまざまなタイプがあり原因もさまざまです。自分がどのような便秘なのか知ることも改善につながるのではないでしょうか。特に慢性便秘には大きく分けて3つの種類があります。

一つは習慣性便秘です。これは現代人に多く、生活リズムの乱れが原因と言われています。例えば夜遅くまで仕事や遊び。朝はぎりぎりまで寝ていてすっ飛んで出勤や登校。これではゆっくり排便をするチャンスもありません。また会社や学校で排便に行くチャンスを逃してしまうことでも起こります。一度排便を我慢してしまうことで、排便できなかった便は腸内で水分がどんどん減ってしまい、固くなって出にくくなるというものです。

もう一つのタイプとして弛緩性便秘があります。特に女性に多いとも言われていますが、腸がたるむことから便意を感じにくくなったり、便を送り出す力が弱ってしまうというもの。力みの弱い女性や老人、ダイエットによって排便量が少ない場合などが原因となることも。また下剤の使いすぎなどによって、薬による強い刺激がないと排便を感じられなくなっている人もいます。特に便秘はお腹が膨らむこともあり、女性は見た目を気にして便秘薬を使いすぎる傾向があるとも言われているのです。

もう一つは痙攣性の便秘です。固いコロコロの丸い便が出るのが特徴。ストレスや疲れが原因と言われていますが、大腸がストレスなどに反応して起こる便秘です。便が溜まっていくうちに水分がなくなりコロコロになり、下痢と便秘を繰り返すという特徴があります。すべての人ではありませんか、多くの人が便秘と下痢を繰り返す事が多く、ストレスの多い男性にも多い便秘です。これらの便秘はそれぞれ原因が違うので、自分がどのタイプの便秘かを知り、原因を解消するように見直しましょう。その上で食物繊維や乳酸菌、そして乳酸菌の餌とも言われているオリゴ糖などのサポートもプラスするといいのではないでしょうか。