いろいろな便秘

便秘の悩みは意外と多くの人が抱いているようですが、特に女性に多いと言われています。また同じ便秘によってもさまざまなタイプがあり原因もさまざまです。自分がどのような便秘なのか知ることも改善につながるのではないでしょうか。特に慢性便秘には大きく分けて3つの種類があります。

一つは習慣性便秘です。これは現代人に多く、生活リズムの乱れが原因と言われています。例えば夜遅くまで仕事や遊び。朝はぎりぎりまで寝ていてすっ飛んで出勤や登校。これではゆっくり排便をするチャンスもありません。また会社や学校で排便に行くチャンスを逃してしまうことでも起こります。一度排便を我慢してしまうことで、排便できなかった便は腸内で水分がどんどん減ってしまい、固くなって出にくくなるというものです。

もう一つのタイプとして弛緩性便秘があります。特に女性に多いとも言われていますが、腸がたるむことから便意を感じにくくなったり、便を送り出す力が弱ってしまうというもの。力みの弱い女性や老人、ダイエットによって排便量が少ない場合などが原因となることも。また下剤の使いすぎなどによって、薬による強い刺激がないと排便を感じられなくなっている人もいます。特に便秘はお腹が膨らむこともあり、女性は見た目を気にして便秘薬を使いすぎる傾向があるとも言われているのです。

もう一つは痙攣性の便秘です。固いコロコロの丸い便が出るのが特徴。ストレスや疲れが原因と言われていますが、大腸がストレスなどに反応して起こる便秘です。便が溜まっていくうちに水分がなくなりコロコロになり、下痢と便秘を繰り返すという特徴があります。すべての人ではありませんか、多くの人が便秘と下痢を繰り返す事が多く、ストレスの多い男性にも多い便秘です。これらの便秘はそれぞれ原因が違うので、自分がどのタイプの便秘かを知り、原因を解消するように見直しましょう。その上で食物繊維や乳酸菌、そして乳酸菌の餌とも言われているオリゴ糖などのサポートもプラスするといいのではないでしょうか。