便秘の症状について

便秘の症状について考えてみましょう。まず便秘をすると一番に感じるのが腹部の膨満ではないでしょうか。お腹が張りや、お腹がぱんぱんになるときも。また残ってしまった便からガスが発生しやすくなり、中に溜まっている便だけでなく、ガスによる膨満も起こります。また出口を失ったガスは胃の方に溜まっていくこともあり、胃痛が起こることも。ガスが溜まっているのに腸が狭くなってしまって、出ないということも起こります。

他にも強い腹痛が起こることも。便やガスの出口が便でふさがれると腹痛や胃痛が起こります。特に腸のたるみの多いS状結腸に痛みが起こりやすいとのこと。ちなみにS状結腸は左下腹部にあります。他にも腸全体の動きが低下するため食欲が落ちたり、ひどいときには吐き気が起こることも。食が細くなると、ますます腸の蠕動運動が弱くなり便秘がひどくなることもあります。

精神的にもいろいろなトラブルが起こることもあり、例えばイライラや不眠の原因となることも。また頭痛や肩こり、めまいなど腸内に溜まった毒素が自律神経の乱れの原因となることもあります。他に固くなった便が腸内で大きくなると、腰痛を呼び起こすことにも。便がたまり運動ができなくなると血行不良が起こり、それによって腰痛が起こることもあります。毎日の食生活を見直し野菜を増やすようにしましょう。そして乳酸菌を摂取するため、乳酸菌の多く含まれたヨーグルトや発酵食品を摂取し、乳酸菌のパワーアップのためにオリゴ糖の摂取なども是非プラスしたいものです。